派遣社員は紹介された派遣先企業で契約期間仕事をするのであり、正社員とは雇用形態などは異なります。

派遣という生き方と問題点
派遣という生き方と問題点

派遣社員のメリットとは

派遣社員として登録する場合、必要な個人データー、技能やキャリア、資格の有無や希望する職種や条件を人材派遣会社に申告します。雇用の契約は派遣と結びますから給与や労働条件、勤務形態は派遣先企業ではなく、派遣会社との取り決めに従うことになります。又、スキルアップの為に派遣会社が用意するところもあり、社会保険等も派遣会社が完備していれば加入ができます。就職難で正社員になれなかった大卒者が派遣社員として登録数も増えています。派遣会社では研修期間などが充実している為上場企業や外資系など就職できなかった企業に派遣されるというメリットがあります。

今までの派遣社員は専門的な仕事でしたが、一般事務や雑用をするといったケースも増えています。派遣社員を利用する企業が増えた理由は派遣法の改正で職種制限がなくなったことです。正社員やアルバイト、パートの領域にも派遣社員を採用し、手間やコスト面、仕事の能力などです。一方では中高年で年齢的に就職が難しい場合など派遣社員に登録者が増えています。豊富な経験やスキルを活かされるとして派遣社員がもう一つの転職の形となってくるでしょう。ただしこれからは職種によっては単なるアルバイト扱いと見られることもあると認識すべきです。