派遣は仕事の斡旋の部分も持っています。派遣会社と派遣先双方に利益があり、経済の活性化の一端を担ってもいます。

派遣という生き方と問題点
派遣という生き方と問題点

派遣は仕事の斡旋でもありどちらにも利益をもたらします

派遣とは、仕事をする人材を派遣会社に依頼して派遣してもらうことなのですが、それはつまりある種の仕事の斡旋と同義とも言えるものです。厳密に言えば確かに違うのですが、それでも仕事を与えられるということは派遣される人にとっても派遣会社にとってもいい話です。一度派遣されることによって仕事を一つ覚え、場合によってはそれがいずれ本職になるかもしれないのです。

また、派遣はする方も依頼側もメリットがあります。派遣を依頼する側は、従業員の不足をそれで解消できますし、人員削減の為の手段の一つとしても利用されています。自社の人間を減らし派遣を導入することで人件費を減らそうとしている訳です。そして派遣会社はその派遣先からの収入を得ることが出来ますし、当然その人間が多ければ多い程会社の収益は大きいものになります。

本来の従業員を減らすというのはあまり賛成出来ることではありません。しかし、その結果として派遣会社が大きく成長し発展することは事実です。それはつまり、長い目でみれば経済の活性化の一端を担うことにもなるでしょう。派遣会社が社会の主流とまではいいませんが、やはりニーズがあるのは確かでしょう。そしてそれはまだまだ派遣会社が成長を遂げる分野であることも意味します。

注目情報