人材派遣会社は数多くありますが、派遣社員はどこに登録したら良いのでしょうか。選ぶポイントをあげてみましょう。

派遣という生き方と問題点
派遣という生き方と問題点

登録する派遣会社の選び方

有名で大きな派遣会社はある程度社会的信用もあり、福利厚生も充実、案件の数も多くあるのでお仕事選択の幅も広がります。その半面、営業担当者が案件を多く抱えすぎ多忙でスタッフ(派遣社員)のケアが行き届かないこともあります。その点、小さな派遣会社は比較的面倒見が良く、就業後もまめに気遣いをしてくれるところが多いようですが、案件数が少ないとか福利厚生があまり整っていないという面もあります。少なくとも厚生労働大臣許認可がおりているところが安全といえるしょう。

待遇(時給・福利厚生)に関しては、やはり時給が高いところは魅力的です。時給が多少低くても、交通費が支給されたり、消化できなかった有給休暇が清算できたり、ポイント制で働くごとにポイントが貯められたりと他の利点があったりもします。そして、何か困ったことがあったとき、相談できるのが親元である派遣会社の営業担当です。何か問題があったときにはもちろん対応してくれるはずです。それがお仕事なんですから。それでも対応が遅いとか、親身になってくれないといった不安や不満があるようなら担当を変えてもらうとか、契約終了後は派遣会社を変えるということを考えた方がいいかもしれません。