いわゆる派遣切りについて考えることを記述したいと思います。企業側、労働者側双方の言い分があります。

派遣という生き方と問題点
派遣という生き方と問題点

いわゆる派遣切りについての考え

リーマンショック後、いわゆる派遣切りがクローズアップされました。東京の日比谷公園には派遣村ができ、炊き出しをやったりしていました。派遣切りとは、別に派遣社員を解雇するというものではなく、派遣元会社と派遣先会社の間で締結される派遣契約が更新されないというものですので、特段違法性があるものとは認識していませんでした。企業の支出において大きな割合を占めるのは人件費です。改善をし尽くした観のある日本の企業にとって、企業の収益を改善するためには人件費に手をつけていかざるを得ません。好景気のときは多数の派遣社員を雇用して生産を拡大し、不景気になったら派遣社員の雇用をやめて生産を縮小するという生産の調整弁的な意味合いがあります。

一方の派遣社員にとっては、派遣契約が終了するということは収入源の仕事がなくなるということを意味します。もともと、契約上そうなっていて、それを承知で、また責任を負いたくないという働き方があっているという意味でも、合意の上で成立していることは確かです。一方で、正社員は、残業手当もきちんと支給されないままに、過剰労働を強いられていて、日本の労働市場に歪みが生じているかのようです。何らかの是正がされないと、サラリーマンの労働強化が進むばかりです。経済の回復も重要ですが、このような事項にも政府として手を打って欲しいものです。